会社概要

1985年5月(45歳という節目に創立)若くもなく、失敗は許されないと思い、一生懸命仕事があれば夜中まで働くという毎日でした。 独立の時、信頼されていたある会社の購買の方に見積もりを50数点のアイテムを頂き、その内22点(ブリスター)が決定しました。 その時点から順調に業績も上り、1990年日本のバブル経済がはじけると言うことが起き日本中大変な騒ぎになりましたが、 弊社はバブルの時も価格を抑えて受注していたものですから、営業しなくても受注がどんどん増えていき業績も良くなってきました。 部品トレーを本格的に規格品として手掛けたのは、昭和63年頃からです。 部品会社様に使って頂く商品が増えてきて、なくてはならない物になってきて現在に至っております。 弊社はつきなみではありますが商品の品質管理、納期等、お客様の納得が行く様対応します。

創業者 現会長 宮崎定男



時代の流れが速くなった今、弊社ではネットを通じて小ロット生産にも対応した製品造りとスピーディーな対応で全国の企業様とお取引をさせていただいております。 あらゆるニーズに適応できるよう社内インフラの整備も行い、「お客様の満足を実現!」をスローガンに全社員一同取り組んでおります。

代表取締役 宮崎益典




企業名 宮崎株式会社
代表者 代表取締役 宮﨑益典
本社工場 大阪府八尾市太田新町9丁目128番地
代表電話番号 072-948-0802
FAX番号 072-949-8370
設立 平成元年 4月4日
資本金 1000万
従業員数 15名

会社沿革

昭和60年5月6日 八尾市太田新町8-132においてミヤザキ工芸を創立
昭和62年10月 八尾市太田新町9-128に工場移設 設備増設
平成元年4月4日 法人成  宮崎株式会社 改組
平成8年12月 資本金1000万に増資
平成9年7月 第一工場取得 11月 第二工場稼動

アクセスマップ

大きな地図で見る